高知医療学院

  • メール

文字サイズ

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく
  • フェイスブック
HOME>理学療法学科>先輩からの一言

先輩からの一言

さまざまな経歴の学生が全国から集まってくるから、視野が広がっていく。本学院の学生は、四国四県はもとより、全国各地から集い幅広い年齢層に広がっています。現役の生徒に高知医療学院に入学したきっかけや、理学療法士を目指す熱い志を聞いてみました。
東山 晃司
高知県
窪川高校卒業
国際デザインビューティーカレッジ専門学校卒業
入学前は社会人から学生になるため、クラスに馴染めるかなどの不安はありましたが、クラスメートの年齢は幅広く、様々な経歴の生徒がいるため、すぐにみんな仲良くなることができ、充実した学生生活を過ごしています。授業内容は幅広い知識を奥深く、分かりやすく教えてもらえます。また、生徒同士での実技の時間もたくさんあるため、より実践的な知識を身につけることができます。
中澤真奈
高知県
高知丸の内高校
私は高校時代にサッカーに励んでいて、この時のチームのトレーナーの方が理学療法士でした。怪我した際の対処と復帰までのケア、コンディション管理など様々な面で支えてくれたトレーナーの方に憧れ、理学療法士を目指すようになりました。勉強は大変ですが、教職員の方々の指導や先輩方のサポート、クラスメートの優しさに支えてもらいながら、毎日勉強を頑張っています。
戸島 綾香
徳島県
池田高校卒業
私は徳島から高知にきて学校生活や勉強などが不安でしたが友達ができ学校生活も充実し、また勉強で分からない所があれば先生や友達に教えてもらいました。私は将来怪我をした時に担当してくれた理学療法士の方のように1人1人の患者に寄り添い支えられるような理学療法士になれるようこれからも勉強を頑張っていきたいです。
阿部 賢志郎
高知県
中村高校 西土佐分校卒業
私は、高校生の時に野球で膝を怪我した経験があり、その時に初めてリハビリを受けました。その時に担当していただいた方に様々な話を聞き、理学療法士に興味を持ちました。はじめは別の職種にも興味があったため進路に迷いがありましたが、次第に自分と同じようにスポーツによる怪我をした人のサポートをしたいと思うようになり、理学療法士になることを決意しました。
今井 伸次
高知県
高知小津高校卒業
龍谷大学 社会学部卒業
高知医療学院の好きな所は先生方と生徒との距離が近いところです。知的で経験豊かな先生方は、いつも温かく生徒1人1人の成長を見てくれており、疑問に思う事からわからない所に対して真摯に対応してくださいます。私もそのような先生方の姿勢をお手本にし、心から接する事の出来る理学療法士になりたいと思い、勉強には厳しく、日々コツコツと学ぶ事を続けていきたいと思います。
藤田 璃乃
高知県
岡豊高校
入学当初は、聞き慣れない専門用語に困惑することもありましたが、毎日の積み重ねが、自身をスキルアップに繋がっていることを実感しながら、学習に取り組むことができるようになりました。また、高知医療学院には母体病院が併設されており、1年次から何度も実習に行く機会が多く組み込まれているため、理学療法士としての自分をより強く意識して学習できると感じました。
清家 星
高知県
高知丸の内高校
私は小学生の頃からスポーツをしており、活動の中で私自身も怪我が多く、また仲間が怪我に悩む姿を何度も見てきました。その際に、自然と、選手を復帰まで導ける人になろうと思いました。そのためにはどのような資格が必要なのかを調べているとき、理学療法士という職業を知りました。そこで、県内では最短で資格が取得できる高知医療学院に入学を決めました。
川渕 元紀
高知県
高知南高校
高知医療学院での勉強には不安がありましたが、親密に接してくれる先生方や同じ目標に向かって支え合えるクラスメイトと共に日々頑張っています。理学療法士としての知識、技術だけではなく患者さんとの関わりの面でも成長できるように努力してしていきます。